社労士の通信講座比較・勉強時間比較

page7

社労士の通信講座の比較では、勉強時間の長さもいちおう考慮に入れたほうがいいのではないでしょうか。

もっともこの点は、いつ頃に社労士になりたいと決めたのかとかかわってくる話になります。
社労士の試験は年に1回しかありませんし、試験日ほか受験を申し込める時期も限られていますが、社労士を受けたいと思う人たちは1年中いつでも出てくるわけです。
そして次の社労士の試験まで勉強時間がどれくらいあるのか? その点によって通信講座を選ぶこともありえますね。各社労士の通信講座によって、目途とされている勉強時間の長さも多少違いますから。

社労士の通信講座も、初級者向けにできているものについてはまともな会社だったら自然と期間(勉強時間)は似通ってきますが、それでも多少の違いはありますね。
一般的に、6ヶ月を少し超えるくらいの勉強時間になっている社労士の通信講座が多いようです。
7ヶ月~9ヶ月くらいになっている通信講座が多いというわけですね。

しかし、それでは次の試験までに間に合わないという人もいるでしょう。その場合は、初級者でも6ヶ月未満で勉強を終わるように組んでくれている通信講座を選ぶ必要が出てきます。
ただし、あまりにも短い通信講座の場合は、いくらよくできていても合格の可能性は下がっていきます。
その手の通信講座については、受かる見込みが高いとは思わずにイチかバチかという賭けをするような気分で使ったほうが無難ではないかと思われます(その翌年度の試験に受けなおしをすることも頭の端に入れておいたほうがいいでしょう)。

なお、特に短い勉強時間で合格を目指す講座とは別に、試験が迫ってきた頃に単発で使える講座が世の中にはあります。これは基本的な講座で勉強している人や、他の勉強法で勉強している人が試験前に、学力の穴埋めをするために使うもので、本試験でよく点を落とす人が多いような部分の特訓ができるようになっているタイプが多いです。
こういった講座が用意されている通信講座は、社労士の世界では好評ですし、勉強時間を効率よく使えるという美点もありますから、上手に使いこなすことがおすすめできます。