社労士の通信講座の比較・DVD比較

page5

社労士の通信講座ではある時期から、DVDや動画(Web)を使った映像形式の教材がとても多くなってきています。視点を替えてみると、DVDのような映像形式の教材がない社労士の通信講座は最近はかなり影が薄くなっているといってもいいかもしれないくらいです。

社労士の通信講座の比較をするときは、まずDVD等の映像型の教材のある種類から選びましょう。
昔ながらの、テキストを読んで問題を解くだけの通信講座でもいいという人もいるかもしれませんが、はっきりいってしまうとそれだけではかなり学習の効果は制限されてしまいます。

安上がりになるチャンスはありますが、ただの自宅学習とほとんど差がつきません。

社労士の通信講座のDVDやWeb動画ですが、どちらをとるかはその人しだいです。
ただしWeb動画の場合、お手軽感はあるのですが、DVD型と比べてWeb動画の社労士通信講座は、環境の影響を受ける危険があります。
つまり、安定して配信できる環境でない場合に遮断やフリーズの恐れがありますし、通信環境に支障をきたすと違う機会に見直ししないといけなくなります。DVD型のほうがおおぜいの人におすすめできます。

そのDVD型の社労士の通信講座ですが、各社で違いはあるでしょうか? 
どこの社労士の通信講座も、先生が出てきてDVDの中で講義をしてくれるのだから同じだろうと想像してしまうかもしれません。確かにその仕組みはどこの会社でも同じでしょう。
しかしどんな場所で講義をしているかという違いがあるはずです。

通信講座には、元来学校がやっている場合とそうでない場合がありますね。
学校が通信講座も持っているときは、学校の講義をただ撮影しているだけのことがあります。
これはお目当ての先生がいるような受講生にとってはいいですが、その他の人にとってはどうでしょうか? 
学校の講義は、その場に自分もいるような気分になれますし、臨場感もあるかもしれませんが、自宅で再生するときに効率はよくなるでしょうか? 教室でおおぜいの受講生を前にして行う講義のため講義の流れにしたがって無駄な部分が出てきます。余計なことを話している部分が出てきてしまうことは今までの集計結果からも明らかなようです。

そこで、通信講座の希望者のために独自の講義を撮影しているタイプのほうがおすすめです。
社労士の通信講座のためにわざわざ場所と時間を設けて講義を行い、撮影しているのですから見やすく、聞きやすくなっていることがほとんどです。
特に、板書の代わりに(手書きのチョークではなく)字幕や電子黒板等が使われているタイプは、細部までわかりやすく表示されますからおすすめです。