社労士の通信講座比較・CD比較

page4

社労士の通信講座を使っていると、さまざまな美点がありますから、ただひとりで地道に本を読みながら勉強をするよりも学習の効果が歴然と違って行きます。学校に通ってもそれらの美点はあるのですが、定期的に時間をつくって通い詰めないといけない学校よりも時間の融通がずっと利くことがまずありがたい美点でしょうね。そして、費用の面でもだいぶ楽になります。

今時間の融通が利くことが美点になると書きましたが、社労士の通信講座ではCDがあるところに行くとそれらの美点をいっそう強く味わうことができます。
今から説明することは、CDだけの美点ではありません、社労士の通信講座で音声形式の教材をつくって提供している会社でなら、味わうことは可能です。
たとえば、昔からあるのはカセットでしょう。それから最近だったら、Web経由での音声ダウンロードも可能ですね。ただし、カセットの場合はかさばるラジカセ等が必要です。音声データをダウンロードすればかさばることはまずありませんが、これは個々人のパソコンの環境によってだいぶ左右されますし、どんなデータになるのかによっても影響があります。持っているプレイヤーにそぐわない可能性もありますが、CDだったら今ではポータブルプレイヤーの種類も豊かで、まず迷う人はいないと思われます。

ところでCDとひと口にいっても、いろいろな形式があります。音声だけではなく映像まで再生できるCDもありますし、社労士の通信講座にも応用されていますが、映像だったらDVD等のほうが優れていますしCDのよさといったらDVDよりもずっと持ち運びやすいことでしょう。
社労士の通信講座の教材がCDになっていることの最大の美点はおそらく、会社や学校等に持っていけることです。
通勤中や通学中の時間もCDを再生すれば耳から講義を聴取して勉強時間に充てることができます。

社労士の試験では勉強時間の確保が大きなカギを握りますから、これから社労士の試験を目指す人は通信講座の会社からCDを買うことで、限られた時間をマックスに使うこともできるようになります。

もうひとつ、社労士のCDの通信講座の比較をするなら、DVDのような映像型の教材も別に出している会社が望ましいでしょう。音声型と映像型をいつでも頼めるようになっていると、勉強をフレキシブルにやっていくことができるからです。