社労士の通信講座の比較・テキスト比較

page3

社労士の通信講座のことを説くときに忘れてはならない注意点はたくさんありますが、テキストのことを忘れてしまうわけにはいかないでしょう。
通信講座はどんなタイプの通信講座でも、必ずテキストを送付してもらうはずですし、それは社労士のときもまったく変わらないですね。

社労士の通信講座のテキストは、「そのへんの本屋さん」で買うよりもずっとおすすめです。
社労士の試験に受かるためのプログラムが組まれていますし、普通は何冊にもわたって続いていますからどんどん読み進めていけるようになっています。

そんな社労士の通信講座のテキストですが、どんな特徴があるテキストを使ったほうがいいでしょうか? 

これは人によって違いますが、毎日じっと凝視するようにしてめくっていかないといけないのですからわかりやすいことがいちばんです。そして読んでいて疲れないこと、うんざりしてしまわないこと。
それを解決するには、単調なつくりをしていない教科書、そしてどこが大事なところなのか要点をパッと見たときにわかるようなつくりをしていることがいちばんでしょう。

人によってわかりやすさの指標も異なりますが、大部分の人にとって見やすく映る条件は、
・図や表、イラストが多めに、そして適度に挿入されていること
・読みづらくならないように、一色刷りではなくカラフルにつくられていること
ではないでしょうか。

前者については特に、わかりやすさを求める上では優先事項ですね。法律に関する仕組みをたくさん暗記しないといけない以上、社労士のテキストはややこしい構図の説明がどうしても入ってきますがそのときに通信講座のテキストが、文章の合間合間にひと目でわかるような工夫をしていてくれるととても助かるものです。

後者についてはそれほど重視されていないかもしれませんが、実際に読んでみるとその違いがよくわかるといわれています。印刷は色が少ないほど安上がりになる世界ですから、色が使われていてもせいぜい二色刷り、ところによっては一色刷りのこともあります。しかしできるだけカラー満載のほうが読者にとっては飽きませんし何よりもどこが大切なのかを色で知ることができます。社労士の通信講座のテキストは、できるだけカラフルにつくられているものをここではおすすめしておきましょう(もちろん人によっては、シンプルな一色や二色のほうがいいという人もいるでしょうから万人におすすめとまでは言い切りませんが)。