社労士の通信講座比較・費用比較

page2

社労士の通信講座の比較をすると聞いて、真っ先におおぜいの人たちが関心を向けるのはおそらく費用のことではないでしょうか? 

社労士の通信講座の費用は、もちろん学校の講座に申し込みをするよりもだいぶ安くなります。
学校についてはよく「20万円くらいするらしい」なんて噂が流布しているようですがそれは実際に的外れではなく、
学校に入学する余裕がない人が、費用が安上がりになりそうな通信講座で社労士を勉強しようとすることは間違ってはいません。

ただし、社労士の通信講座も種類が増えていくにつれて費用に大幅な格差が生まれていきました。
学校とほとんど費用の差がない通信講座も、社労士の世界では登場しています。費用が高ければ、教材が豪華になるといった特典はありますが、できることなら安く落ち着くようにしたいと願う人は多いでしょうね。

社労士の通信講座をこれから初めてやってみたい、というときは費用の相場がわからなくて苦労するのではないでしょうか? 費用について平均的な価格を算出するようなことは難しいのが実情です。
費用のことでまちまちな噂が流れてしまう理由は、
・講座によって、用意されている教材の数の多さや豪華さが異なる
・講座によって、カリキュラムの濃さや受講期間の長さが異なる
といった、いってみれば物理的な原因が絡んでくるからでしょう。

あいまいな傾向を書いておくとすれば、高めなもので20万円前後、ちょっと高めなものでも15万円以上はします。
中間的(平均的といってもいいでしょうか)な価格を書くとすると、10万円台前半くらいになるでしょうか。

つまり、費用が10万円以下の社労士の通信講座もあります。しかも、一から試験合格を目指せる講座での話です。
費用が10万円以下の講座だと、教材が不十分だったり内容が薄かったりするのではないかという懸念を持つ人もいることでしょうが、そんなことはありません。10万円以下でも教材がしっかりしていて合格することができる内容のものはそれなりにあります。

安い場合は確かに、教材が少ないことはありますから、テキストや問題集等のほかにCDの音声型の教材やDVDやWeb動画のような映像型の教材等がついてくるかどうかを確かめてみましょう。
教材が充実していれば、その社労士の通信講座は、費用が高い講座に引けを取るとはいえません。